商品

数多くあるニキビケア対策の商品!

あれこれ色々調べましたが、多すぎて難しいですね。
洗顔・化粧水・ファンデーションなど全てに気を使わないといけないので悩むところです。

安い化粧品については、やっぱり強い成分が入っていることが多いですね。
強い成分の商品は避けましょう!

そして強い成分は一体なんなのか?私が調べた結果は以下の通りです。
メチル・プロピル・ブチル・エチルパラベン・フェノキシエタノール

こちらが代表的に強い感じがしますので、私はこちらが配合された商品は避けるようにしております。

折角購入したけど、肌に合わない!だけど勿体無いから最後まで使ってしまうこともありませんか?絶対に良くないので肌に合わない時は使用をスグにやめることです。

私も勿体無いといいつつ、最後まで使用した結果、悪化してそれ以上にお金も時間も掛かった経験もあります。

できれば、サンプルがある商品で1週間程試してお肌と相談しながら決めるのがいいですね。

商品を断定的にこれが良いとかダメだとか言い切れません!
高くても安心して使える商品ではありません。
自分に合った商品をコツコツ探し続けるしかないですね。

改善への道のりは長いものであります。

あまり商品の広告に惑わされず、じっくりと選ぶのが重要です。
結局人が良いと言っても自分に合わないければ意味がないので。

改善対策のドリンク

ニキビに効果的なドリンクを調べてみました。

やはりニキビでよいとされるのはチョコラBBドリンクが有名ですよね。
ビタミンB・ビタミンCなどの成分が良いとされているので是非試してみてください。

phot5

但し飲み過ぎには注意ですよ。
大量の飲んだからと言って決して言い訳ではないです。こちらもバランスが重要ということですよね。

その他は、ユンケルローヤル・Cなども取り上げれされておりますよね。
こちらはビタミンCですね。

但し、恐ろしいことにインターネットで調べてみると栄養ドリンクで悪化したという情報も多々あります。更に怖くなり調べてみるとやはり大量摂取ですね。

お薬と同じで大量に飲むと危ないので2~3日に1回程度が良いかと思います。
ビタミンB・ビタミンCはバランスよくですよ!
お茶も良いのですが、ノンカフェインの物に限ります。
緑茶がビタミンCに良いそうですね。
栄養ドリンクだと、価格もそれなりにしますのでお茶なら経済的にも優しいですね。

 

でもやはりなんだかんだ言ってもお水が1番よいという人が多いですね。

phot6
身体の中の悪い毒素をたくさん出してくれるのでたくさん飲みましょう。
そしてたくさんトイレに行き尿をだすことですね。

あまりにも冷えた水はよくないので、程ほどに調整しましょう!

また最近以外なことが分かりました!
牛乳がニキビが増える原因と?ネットで囁かれております。

詳しいことは調査中ですのでまた報告します。

食べ物などにはついてこちらを参考にしてみてください。

大人ニキビに効果的な食べ物とは?

ニキビが出来たらどうしていますか?
薬を塗ってもよくならない…。治ってもまた出来てしまう…。といったお悩みをお持ちの方は少なくないかと思います。

nikibi
大人になってから出来るニキビもスキンケアは大切ですが、それだけでは改善されないことが多く、食生活も改善し身体の中から改善する必要があるのです。

ニキビ対策として特に必要とされる栄養素はビタミンB群。ビタミンB群は代謝を上げる効果があり、肌のターンオーバーに欠かせない栄養素です。
その中でもビタミンB2とビタミンB6がニキビの予防に効果的とされています。

ビタミンB2が多く含まれる食べ物:納豆、レバー、卵、魚肉ソーセージなど
ビタミンB6が多く含まれる食べ物:にんにく、まぐろ、カツオ、バナナなど

natto

また、美肌にいいとよく言われているビタミンCはニキビにも効果があります。
ビタミンCは美肌だけでなく風邪の予防など、健康にも効果があることでよく知られており、ビタミンCが多く含まれるドリンク剤やジュースも売られているため摂取しやすい栄養素ではないでしょうか。

ビタミンCが多く含まれる食べ物:レモン、アセロラ、緑黄色野菜など

remo

外食やお惣菜が多く毎日ビタミンB2・B6・Cを摂取するのは難しいという方もいるかと思います。そんな方は、ドラックストアなどで販売されているサプリメントでも効果的なのでおすすめです。ニキビのないツルツルお肌を目指し、身体の中からキレイにしていきましょう!

ニキビに良いとされる飲み物も記事にしましたので良かったらどうぞ!

妊娠初期はできやすい?にきびの原因

images

妊娠をすることによって体内のホルモンバランスが変わります。
そのホルモンバランスによって体に変化が起こりやすくなります。
その一つににきびがあります。

妊娠初期にプロゲステロンという女性ホルモンが増加することによってにきびが出来やすくなります。

このプロゲステロン、妊娠初期でなくても生理前にも分泌が高まります。

何故、にきびが出来やすいのかというと皮脂が過剰に分泌され、新陳代謝機能を鈍らせるために熱がこもり、炎症を引き起こしやすいと考えられています。

images

ではどうやってケアしたらいいのか。

妊娠中は特にデリケートになる時期です。

塗り薬、飲み薬など胎児の影響を考えると使うのを躊躇してしまう方も多く、なるべくなら自然に近い方法で治したいですよね。

この時期は治すというイメージではなく、ケアして防ぐ、跡を残さないようにする、現状より酷くならないように乗り切るのがよいかと思います。

妊娠中に関しては肌は敏感になっているので優しいスキンケアを心がけましょう。

また、ストレスの発散、十分に睡眠を取る、バランスの良い適度な食事などのニキビケアとして有効のようです。

プロゲステロンですがしばらくするとエストロゲンというホルモンが優位になり、にきびが出来にくくなります。

ですが症状があまりにも酷い場合は専門の医療機関に相談することをおすすめします。